第23回 BeSeTo演劇祭 新潟 The 23rd BeSeTo Theater Festival in Niigata 東京2020応援文化オリンピアード

プログラム Program

公演日 開演時間 プログラム 会場
10月1日(土) 17:00★
【中国】陝西人民藝術劇院[陝西省]
『かごの鳥の青春-當青春不再懷念蝴蝶的傷』
Shaanxi People’s Art Theatre "The Butterfly Lovers"
<日本語字幕付>
スタジオB
Studio B
10月2日(日) 15:00
10月7日(金) 19:00★
【日本】Noism0[新潟]
『愛と精霊の家』
Noism0 "The House of Spirit"
劇場
Theater
10月8日(土) 14:00
【韓国】劇団旅行者[ソウル]
『ジャングルブック』
Yohangza Theatre Company "The Jungle Book"
<日本語字幕付>
スタジオB
Studio B
18:00★
10月14日(金) 19:00★
【日韓共同制作】鳥の劇場[日本・鳥取]×劇団ティダ[韓国・江原道]
『詩の教室』
Collaborative Performance by BIRD Theatre Company TOTTORI from Japan and Performance Group TUIDA from Korea "Classroom of Poem"
<日本語字幕付>
スタジオB
Studio B
10月15日(土) 14:00
10月15日(土) 17:00-18:30
【シンポジウム】
「21世紀の国際交流と劇場文化」
"International Exchanges and Theater Culture in the 21st Century"
能楽堂
Noh Theater
★ 終演後、各作品演出家と金森穣によるアフタートークあり

『かごの鳥の青春-當青春不再懷念蝴蝶的傷』
The Butterfly Lovers

陝西人民藝術劇院[中国・陝西省]
Shaanxi People’s Art Theatre
中国では古くから誰もが知っている「梁山泊と祝英台」は、「ロミオとジュリエット」のような悲しい恋物語。これを若い俳優たちが、現代風にアレンジしています。大掛かりなセットを使わずに簡単な小道具とパントマイムで空間を表現し、生演奏やライブドローイングも織り交ぜながら、物語を繊細に描いていきます。若く純粋な登場人物たちは、私たちに人生の意味を問いかけ、純愛への憧れを呼び起こさせます。

The Butterfly Lovers is a well-known folktale in China that is similar to the tragic Romeo and Juliet. Young actors have arranged this story into a contemporary-style performance piece. They set the stage by using only the simplest of props and pantomime. With live music and live-drawing, they perform the tragic play down to the most subtle details. The young and pure characters in the performance ask us about the meaning of life and evoke a sense of longing for innocent love.
脚本・演出:李耀林
照明:张真
ライブドローイング:周南
ライブ演奏:刘洋
出演:杨宗儒・侯汶均・姜贺・何苗苗・苗斌・张正・浮嘉宝・安一凡・蔺凯・丁婕馨
団長:白雲生

Director: Li Yaolin
Light: Zhang Zhen
Live Drawing: Zhou Nan
Music: Liu Yang
Performers: Yang ZongRu, Hou WenJun, Jiang He, He MiaoMiao, Miao Bin, Zhang Zheng, Fu JiaBao, An YiFan, Lin Kai, Ding JieXin
President: Bai Yunsheng
●陝西人民藝術劇院
創立以来、160本余りの大規模作品の制作を行い、公演回数は6,000回を超え、観客数は延べ420万人に達している。大規模作品ばかりでなく、小規模作品の上演にも力を入れており、「毎週現代劇、毎月新作劇」という目標を実現、幅広く市民に作品観劇の機会を提供してきた。また地域の特色を織り込んだ演劇文化の確立にも貢献している。

●Shaanxi People's Art Theatre
Since its establishment, the Shaanxi People's Art Theatre has produced more than 160 large-scale performance pieces and they have performed over 6,000 times to an audience of 4.2 million persons in total so far. Other than the large-scale performance pieces, the theater company has also engaged in representing small performance pieces.
【公演日時】10.1(土) 17:00 / 2(日) 15:00
【会場】りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館〈スタジオB〉
※10.1の終演後、アフタートークあり
=>チケット購入はこちら

『愛と精霊の家』
The House of Spirit

Noism0[日本・新潟]
Noism0
photo: Kishin Shinoyama
金森穣と井関佐和子によるプライベートユニットunit-Cyanが2012年に発表した『シアンの家』を基に、人類普遍のテーマ、永遠のテーマである愛と死を描く。1人の俳優と3人の舞踊家は男の愛の多面性を、人形・舞踊家・妻・母になれぬ女を演じる舞踊家は、女の愛の孤独を象徴する。4人の男と女の4役はシ(死)のメタファーとして作品に通底していく。果たして死んでいるのは男か女か。終わり無き始まりと、始まり無き終わりの輪廻の中で、永劫回帰を繰り返す男と女の魂は、夢幻の境を彷徨いながら、愛を求めて1人さすらう。

The House of Spirit explores the universal theme of love and death, narrated by the spirits. While the four men (one actor and three dancers) represent the multifaceted love of men, the female dancer who plays the four roles of a dancer, a doll, a wife, and a woman who fails to become a mother, symbolizes the solitude of the female love. Trapped in the endless reincarnation, the souls of these men and women drift on in a phantasmal world in a lonely pursuit of love.
演出振付:金森穣
出演:井関佐和子、山田勇気、小㞍健太、奥野晃士、金森穣

美術:須長檀
衣裳:中嶋佑一
映像:遠藤龍
照明デザイン:伊藤雅一(RYU)、金森穣
舞台監督:尾﨑聡

Artistic Direction & Choreography: Jo Kanamori
Performers: Sawako Iseki, Yuki Yamada, Kenta Kojiri, Akihito Okuno, Jo Kanamori

Set Design: Dan Sunaga
Costume: Yuichi Nakashima
Video: Ryu Endo
Lighting Design: Masakazu Ito (RYU), Jo Kanamori
Stage Management: So Ozaki
●Noism0
りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館の専属舞踊団として2004年に設立されたNoismの芸術監督・金森穣が、新潟市で開催された「水と土の芸術祭2015」を機に立ち上げたプロジェクト。舞踊に限らず、演劇、音楽、美術等それぞれのジャンルで専門的経験を積み、卓越した活動を展開している芸術家が集い、不定期で公演を行う。

●Noism0 is a project launched by Jo Kanamori, the Artistic Director of Noism, who also served as the Performance Director for the “Water and Land Niigata Art Festival 2015.” As a project to which artists come together to expand on their already-excellent works, Noism0 offers performances irregularly
【公演日時】10.7(金)19:00
【会場】りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館〈劇場〉
※終演後、アフタートークあり
=>チケット購入はこちら

『ジャングルブック』
The Jungle Book

劇団旅行者[韓国・ソウル]
Yohangza Theatre Company
「ジャングルブック」はノーベル賞作家キップリングが約100年前に書いた短編童話集。狼に育てられた少年モーグリのエピソードはディズニーによってアニメ化されています。本上演は、そこでは描かれなかった「ジャングルブック」の別の面白さを見せてくれます。観客を巻き込む5人の俳優によるアンサンブルは、”ジャングル”のようにエネルギーに満ちています。

The Jungle Book is a collection of short fairytales written by Nobel Prize-winning author Rudyard Kipling around a hundred years ago. The story of Mowgli, a boy raised by wolves, was made into a Disney animated film. This performance piece shows us the other aspects of fun and excitement of The Jungle Book that were not depicted in the Disney film. The ensemble of five actors plus involvement from the audience in the performance shall fill the theater with a jungle-like energy.
原作:R.キップリング
演出:イ・デウン
出演:ハン・インス、キム・サンボ、ソン・ジュンソク、ファン・ ウィジョン、クォン・ウネ

音楽:オンブレ
舞台美術:イ・ユンス
照明:キム・ソング
照明助手:ジ・ソヨン
映像:キム・ジャンヨン
音響:ジョン・ヘス
演出助手:パク・ヒョンジ
プロダクション・マネージャー:イ・スヨン
字幕翻訳:田川智子、イ・スヨン

Written: Rudyard Kipling
Director: Lee Dae Woong
Performers: Han In Soo, Kim Sang-Bo, Song Joon Seok, Hwang Eui Jung, Kwon Eun Hye

Music: Ohmbre
Set Design: Lee Yun Soo
Lighting Design: Kim Sung Gu
Lighting Design Assistant: Ji So Yeon
Projection Design: Kim Jang Yeon
Sound Design: Jung Hae Soo
Assistant Director: Park Hyun Ji
Production Manager: Lee Su Yeon
Subtitle Translation: Tomoko Tagawa, Lee Su Yeon
●劇団旅行者
1997年設立。俳優たちの身体の祝祭性、東洋的な音楽、衣装と舞台美術を融合させた、韓国的な"美"を基本にしたスタイルの作品は、国内をはじめ海外でも高く評価されている。2006年には、韓国の劇団としては初めてロンドンのバービカン・シアターに招待された。カイロ国際実験演劇祭大賞、グダニスク国際シェイクスピアフェスティバル大賞(ポーランド)などを受賞。

●Yohangza Theatre Company The Yohangza Theatre Company was established in 1997. Its performance pieces are based on Korean beauty, and integrate the festiveness created by the actors’ bodies, oriental music, costumes, and scenic art, making it highly regarded not only in South Korea but also overseas.

Supported by Arts Council Korea
【公演日時】10.8(土)14:00 / 18:00
【会場】りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館〈スタジオB〉
※18:00の終演後、アフタートークあり
=>チケット購入はこちら

『詩の教室』
Classroom of Poem

鳥の劇場[日本・鳥取]×劇団ティダ[韓国・江原道]
Collaborative Performance by BIRD Theatre Company TOTTORI from Japan and Performance Group TUIDA from Korea
日本による朝鮮の植民地支配・言葉の抑圧などをテーマに、詩を切り口にして太平洋戦争とその前後の状況を見つめます。両劇団の俳優、演出家が、個人史や学んだこと、教えられてきたことを共有することから作業を開始し、日本の戦争体験者へのインタビューや広島訪問なども行って、時代への理解をともに深めました。ドキュメンタリー的な過去の時間の再現、想像の場面をコラージュしながら、過去の悲劇を凝視し、共に生きる未来のあり方を模索します。

Under the themes of the colonial rule and policy of language repression by Japan in the Korean Peninsula, this collaborative performance is depicting, through poems, the conditions both before and after the Pacific War. With historical re-enactment in a documentary style and a collage of imaginative scenes, they look back on the tragedies of the past and explore a future where we live together.
構成・演出:中島諒人(鳥の劇場)、ベ・ヨソプ(劇団ティダ)
※台本として「国語の時間」(作:小里 清)を一部引用
出演:
鳥の劇場|齊藤頼陽、中川玲奈、赤羽三郎、村上里美、葛岡由衣、高橋 等、中垣直久、安田茉耶、Mitchell Conway
劇団ティダ|ファン・ヘラン、チェ・ジェヨン、ホン・ヒェリョン、チェ・スジン、コン・ピョンジュン、イム・ソヒョン

舞台美術:カミイケタクヤ
舞台美術アシスタント:竹腰かなこ
衣裳:イ・ジンヒ(劇団ティダ)
衣裳アシスタント:コ・ヘヨン
選曲:武中淳彦(鳥の劇場)
音響:原 伸弘(オハラ企画)
照明 :生田 正(鳥の劇場)
舞台監督:岩崎健一郎
演出助手:山口晃三朗(鳥の劇場)、キム・ドンヨン(劇団ティダ)
ドラマトゥルク・台本翻訳:イ・ソンゴン
台本翻訳:石川樹里
通訳・字幕翻訳:田川智子
制作:齋藤 啓(鳥の劇場)、辻口実里(鳥の劇場)、イ・スギョン(劇団ティダ)

Director: Makoto Nakashima (BIRD Theatre Company), Yosup Bae (Performance Group TUIDA)
Performers: Yoriaki Saito, Rena Nakagawa, Saburo Akabane, Satomi Murakami, Yui Kuzuoka, Hitoshi Takahashi, Naohisa Nakagaki, Maya Yasuda, Mitchell Conway (BIRD Theatre Company) / Hyeran Hwang, Jaeyoung Choi, Hye-Ryeon Hong, Soojin Choi, Byungjun Kong, Sohyeon Im (Performance Group TUIDA)

Set Design: Takuya Kamiike
Set Construction: Kanako Takekoshi
Costume Design: Jinhee Lee (Performance Group TUIDA)
Costume Assistant: Hyeyoung Ko
Music Selection: Atsuhiko Takenaka (BIRD Theatre Company)
Sound: Nobuhiro Hara (OHARAKIKAKU)
Lighting: Tadashi Ikuta (BIRD Theatre Company)
Stage Manager: Kennichiro Iwasaki
Assistant Director: Kozaburo Yamaguchi (BIRD Theatre Company), Dongyoung Kim (Performance Group TUIDA)
Dramaturg: Seunggon Lee
Script Translation: Juri Ishikawa
Translation: Tomoko Tagawa
Producer: Kei Saito (BIRD Theatre Company), Misato Tsujiguchi (BIRD Theatre Company), Sukyung Lee (Performance Group TUIDA)
●鳥の劇場 
2006年、演出家・中島諒人を中心に設立。鳥取県鳥取市鹿野町の廃校になった学校と幼稚園を劇場に改造して、演劇活動、劇場運営を行う民間の芸術団体。鳥の劇場という名前は、劇団名でもあり、場の名前でもある。

●劇団ティダ
2001年、韓国国立芸術大学の卒業生によって設立。江原道華川郡の廃校をアトリエに改造し、拠点として創作活動を行う劇団。海外のカンパニーとの協同作業や教育普及事業を積極的に行う。

●Performance Group TUIDA
Performance Group TUIDA was founded in 2001 by graduates of Korea National University of Arts. It engages in creative activities based in a studio in Hwacheon-gun, Gangwon Province.

●BIRD Theatre Company TOTTORI
The BIRD Theatre Company TOTTORI was founded in 2006 by the stage director, Makoto Nakashima. The name “BIRD Theatre” refers not only to the theatre company but also to the place run by the company.
【公演日時】10.14(金) 19:00 / 15(土) 14:00
【会場】りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館〈スタジオB〉
※14日の終演後、アフタートークあり
=>チケット購入はこちら

シンポジウム『21世紀の国際交流と劇場文化』
Symposium "International Exchanges and Theater Culture in the 21st Century"

鳥取・茨城・新潟を拠点にそれぞれ集団を率いて活動し、日本BeSeTo委員会の国際委員を務めるとともに、本演劇祭での上演作品の演出も手掛けた3名の演出家が、BeSeTo演劇祭における日中韓の国際交流、そして21世紀の劇場文化について話し合います。

登壇者 / Speakers

入場無料・要申込
【日時】2016. 10.15(土)17:00~18:30(※開始時間が変更となりました)
【会場】りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館〈能楽堂〉

【シンポジウム申込方法】
新潟市役所コールセンター 025-243-4894(8:00~21:00)
第23回 BeSeTo 演劇祭 新潟 プレ企画
Noism0 埼玉公演
「愛と精霊の家」“The House of Spirit”

2016. 8.20(土)18:00 / 8.21(日)15:00
彩の国さいたま芸術劇場〈大ホール〉

Ticket: 一般 6,000円/U25(25歳以下)5,000円(全席指定・税込)

共催:公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団
ページの上にもどる