第23回 BeSeTo演劇祭 新潟 The 23rd BeSeTo Theater Festival in Niigata 東京2020応援文化オリンピアード

BeSeTo演劇祭とは What's BeSeTo?

北京(Beijing)、ソウル(Seoul)、東京(Tokyo)の頭文字をとって名付けられた本演劇祭は、日本・中国・韓国の政府首脳が一堂に会することがなかった1994年に、芸術を核とする相互理解を進めるとともに、世界文化への貢献を目指すものとして、3か国の芸術家=韓国の金義卿氏、中国の徐暁鍾氏、日本の鈴木忠志氏の決断によって創設。以後、3か国の持ち回りで継続し、演劇祭という枠組みを超え、いまや東アジアを代表する国際文化交流事業のひとつとして重要な位置を担っています。

23回目となる今年は、鳥取県、富山県南砺市利賀村とともに、初の新潟市開催です!

=> 『第23回 BeSeTo演劇祭 鳥取』webサイト

メッセージ Message

現在、国際社会はあらゆる文脈において実に多くの困難を抱えています。しかしこのような時代にあるからこそ私たちは、互いの差異によって豊穣となり、互いの類型によって普遍性を感得することを可能にする、身体表現による文化交流を実現するべきではないでしょうか。身体表現は、現代社会が加速度的に失いつつある「人間とは何か」という問いを社会に投げかけます。

ネット空間における映像や文字情報、すなわち何処かの誰かが発信している、偏狭な視覚情報に翻弄されることなく、目の前の他者と時間と空間を共有し、全身体によるコミュニケーションを交わすこと。そこには忍耐力、洞察力、そして豊かな感性といった人間の精神に深く関わる要素が必要となります。

本演劇祭が国際交流事業という枠を超え、「人間とは何か」という人類普遍の問いを通じ、21世紀社会における劇場文化の意義及び、身体表現の可能性を開示することを願っています。

第23回 BeSeTo演劇祭 新潟
アーティスティックディレクター
金森穣

ページの上にもどる